院長のブログ

2018年

10月

16日

自律神経が整えば免疫力アップ

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。免疫の中心を担っているのは、血液中の「白血球」という成分です。その白血球には、細菌など比較的大きめの異物を処理する「顆粒球」と、ウイルスなどの小さな異物を処理する「リンパ球」、また細胞質を豊富に持つ「単球」の3つがあります。そして、近年の研究では、交感神経が優位になると「顆粒球」が増え、副交感神経が優位にになると「リンパ球」が増える特性があることがわかってきました。ですから、自律神経のバランスが良いと白血球のバランスも良くなり、顆粒球、リンパ球ともに、免疫力が高まります。しかし、自律神経のバランスが乱れると白血球のバランスが崩れ、全てにおいて免疫力も下がってしまいます。さらに、問題になるのは、交感神経が過剰に優位になった状態です。交感神経が優位になり顆粒球が増えると、基本的には感染症に対する抵抗力は高くなります。ところが、交感神経が過剰に優位な状態がつづくと、その状況はガラッと変わってきます。顆粒球は異物を取り込み、みずから持つ「分解酵素」と「活性酸素」によって、異物を処理するのですが、あまり細菌=異物がないのに、顆粒球が増え過ぎてしまうと、今度は、健康維持に必要な「常在菌」まで殺してしまいます。そして、かえって免疫力を下げてしまうのです。使われない顆粒球が、余ってしまうことも問題です。顆粒球の寿命は2~3日なのですが、死ぬときに持っていた「活性酸素」をばらまいて、健康な細胞を傷つけてしまうからです。また、副交感神経が過剰に優位になるのも、やはり問題です。副交感神経が優位になるとリンパ球が増えるので、基本的には抗原に対する反応が早くなり、ウイルスに感染しにくくなります。しかしながら、副交感神経が過剰に優位になり、リンパ球が増え過ぎると、抗原に敏感になり過ぎて、ほんのわずかな抗原にも反応してしまう疾患=「アレルギー」を起こしやすくなってしまうからです。顆粒球、リンパ球ともにすべてにおいて「免疫力」を高めるという意味でも、自律神経のバランスを整えることが最大のポイントになるというわけなのです。ただし、自律神経の変化が免疫の状態に反映されるまでには、ある程度の時間差があります。つまり、自律神経は、ストレス、食事、睡眠不足など、ちょっとした刺激ですぐに変化しますが、それが瞬時に免疫力に影響するというわけではありません。たとえば、仕事の都合で一晩徹夜してしまった。そんなときは、もちろん副交感神経の働きは下がり、交感神経が優位になっていますが、それですぐに顆粒球が増え過ぎてしまうということはありません。そこから腸内環境=自律神経のバランスを整えると、免疫力が低下することは防げます。

0 コメント

2018年

10月

15日

セロトニンの95%は腸壁でつくられる

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。便秘になると、幸福物質の「セロトニン」がつくられなくなるということも問題です。私たち人間の、うつや幸福感に関わるセロトニンやドーパミンなどの幸福物質・快楽物質は、じつは、その95%が腸壁でつくられていて、脳内からの分泌量は残りわずか数%にすぎません。うつ病の人は、そうでない人に比べて、脳内のセロトニンの分泌量が少ないことが知られていますが、じつは、その大元は「腸」なのです。腸と脳は自律神経を介して密接につながっており、便秘などによる、うっ滞で腸内環境が悪くなると、脳内でのセロトニン分泌もストップしてしまいます。便秘というのは、いわば腸壁の慢性炎症ですから、便秘になると、腸壁でセロトニンをつくる働きもガクンと低下してしまいます。すると、当然、腸でも脳でも、幸福物質のセロトニンの分泌が低下してしまいますから、結果、気力の低下、やる気の低下、ひいてはうつ症状などをはじめとするメンタルの不調を招いてしまうというわけなのです。「細胞の生命力」を強くする栄養素やエネルギーだけでなく、やる気、気力など「メンタル」を左右する幸福物質である「セロトニン」の95%までもが、「腸」でつくられています。

0 コメント

2018年

10月

14日

腸内環境とメンタルヘルス

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。腸内環境をコントロールしているのが、「自律神経」です。「自律神経」は、心臓や肺、胃腸、肝臓などの臓器を動かしたり、血管の収縮を管理するなど、自分の意識で動かすことのできない、いわゆる「無意識」の生命活動を支配しています。ですから、「自律神経」が乱れると、便秘や下痢、食欲不振、肌荒れ、冷え性、風邪、さらには血圧や心拍数の上昇など、さまざまな不調が出てきます。しかも、いざという時に体調が崩れるというだけでなく、ここぞというときにやる気が起きないなどの心=メンタルにおける不調も、じつは「腸内環境」=「自律神経」と深い関わりがあるのです。便秘や下痢が改善し、腸内環境が良くなっただけで、「うつ」の症状まで改善したというケースが、少なくありません。逆に、便秘の人=腸内環境の乱れた人には、うつ病など、メンタルに不調を抱えておられる方が、きわめて多いのです。

0 コメント

2018年

10月

06日

食べてすぐ寝ると太る理由

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。昔からよく言われるように、食べてすぐ寝ると、かならず太ります。その一番の理由は、食べてから寝るまでの時間が短いと、血糖値が十分に低下していないため、それが脂肪として蓄積しやすいからです。しかも、腸のゴールデンタイムをとらないで寝てしまうことで、交感神経は優位なままです。食べ物がうまく消化されず、結果、せっかく夕食でとった栄養素が細胞にいかず、脂肪のほうにたまってしまいます。つまり、血糖値と自律神経の乱れです。それが、昔からよく言われる「食べてすぐ寝ると太る」「食べてすぐ寝ると牛になる」というメカニズムです。さらに言えば、「食べてすぐ寝ると太る」というのも、じつは、自律神経の乱れが最大の原因だというわけなのです。また、あまり知られていないことですが、胃に食べ物がたっぷり入ったままの状態で横になると、胃酸が食道に逆流して、「逆流性食道炎」にもなりやすくなります。不規則な食事は良くない、ストレスが良くない、というのももちろん、正しいことです。けれども、まずは食べてから就寝するまでに、できれば3時間、腸をゆっくり動かしてあげる「腸のゴールデンタイム」にあてること…。それだけで、不眠、肥満、メタボ、逆流性食道炎などの心身の不調を整えていくことが、大いに期待できるというわけなのです。

0 コメント

2018年

10月

01日

腸のゴールデンタイム

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。食後3時間、とりわけ夕食後の3時間は、副交感神経が活性化し、消化・吸収が盛んになる「腸のゴールデンタイム」です。この3時間を確保せずに、夕食後、すぐに寝てしまうと、食事で上昇した血糖がそのまま脂肪に移行してしまいます。また、副交感神経が十分に活性化できず、交感神経が興奮したままなので、睡眠の質も悪くなり、翌朝、目覚めたときも、交感神経がスムーズに働いてくれません。寝ても疲れがとれないのです。朝起きても、体がだるく、頭がボーっとしているのです。つまり、これらは、夕食の時間、とり方を誤って、「腸のゴールデンタイム」がうまく活用できていない状況が、最大の原因の一つなのです。食後3時間、十分な「腸のゴールデンタイム」をとらずに、食べてすぐに寝ると、自律神経が乱れます。夕食をとっている最中は、「食べる」ということの行為による刺激と楽しさで交感神経が優位になっています。しかし、食後、食べ物が消化され、腸が動き始めると、今度は副交感神経が優位になってきます。すると、自律神経のバランスは、スムーズに「お休みモード」にシフトして、自律神経は整い、腸はますますよく働き、腸内環境も整って、翌朝に疲れが残らない質の良い睡眠をとることができます。

0 コメント

2018年

9月

30日

よく噛んで食べる

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。「早食いは肥満のもと」と、よく言われます。まさにその通りです。早食いをすると、脳の「満腹中枢」が察知する前に食べ過ぎてしまい、いわゆる「大食い」「ドカ食い」になってしまうからです。しかし、「早食い」のデメリットはそれだけではありません。よく噛むことなく、ほとんど飲み込むかのようにガツガツ食べると、交感神経が過剰に興奮して、副交感神経の働きが低下します。すると、腸が動かず、消化・吸収が十分にできないため、余ったエネルギーがそのまま体脂肪になってしまうのです。つまり、年を重ねれば重ねるほど、「早食い」の人に、肥満、メタボが多くなるのも、このメカニズムです。若いうちは自律神経の働きが活発で、少々の「早食い」「大食い」もリカバリーできますが、男性は30歳、女性は40歳をめどに、副交感神経の働きがガクンと下がるので、「早食い」「大食い」のデメリットが、まっしぐらに肥満、メタボにつながってしまうのです。ゆっくり、よく噛んで食べると、まずは表情筋がゆるんでくれます。ウソでもいいから「口角を上げて笑顔をつくると副交感神経が活性化する」のと同じ原理で、よく噛めば噛むほど、表情筋がゆるんで、副交感神経の働きを高めてくれます。また、食べ物をゆっくり噛む、その「咀嚼のリズム」が、さらに副交感神経の働きを活性化してくれます。副交感神経の働きが高まるにつれて、腸がより良く動くようになって、消化・吸収がスムーズになり、結果、腸内環境も良くなって、全身に質の良いきれいな血液が流れるようになります。代謝も上がり、余分な体脂肪が蓄積しにくい体に変わっていきます。もちろん、便秘も改善します。

0 コメント

2018年

9月

29日

温かい飲み物や食事を摂る

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。イライラしたり、疲れたとき、1杯のスープやお味噌汁、アツアツのおでんやシチューなど、温かい飲み物や食事をとると、それだけでほっとして、落ち着いた気分になって、元気が出た…。そんな経験をした方も、多いのではないでしょうか?じつは、それは気分だけの問題ではありません。温かい飲み物や食事は、胃腸の血流を促し、それだけで副交感神経を活性化させてくれる効果があるのです。ですから、ストレス過多で、イライラしたり、不眠になったりしたときは、とくに1日をしめくくる夕食は、できるだけ冷たい飲み物や食事を避けて、温かい飲み物や食事を心がけると、副交感神経の働きが高まり、乱れた自律神経のバランスを整えてくれます。とはいえ、とくに夏の暑い日などは、どうしても冷たい飲み物や食事をとりたくなることもあると思います。そんなときは、ぜひ、「酢」などの酸味を活用してください。酢やレモン、梅干しなどの酸味をとると、胃腸が排泄反射を起こし副交感神経が活性化します。ですから、冷やし中華、冷製パスタ、冷やしそうめん、あるいは冷たい飲み物を飲むときも、ちょっと意識して、酢を足したり、レモンを搾ったり、酸味をプラスすると、それが冷たい飲み物や食事を「おいしく」楽しみつつ、副交感神経を優位にする食事術のポイントです。

0 コメント

2018年

9月

24日

連休でお疲れの方へ

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。ストレス社会に生きていると、交感神経が優位になりがちです。つねにイライラして、眠りが浅く、どれだけ寝ても疲れがとれない。そんな人を調べてみると、だいたい交感神経の働きが異常に優位になっているので、改善するためには、交感神経の興奮を抑える栄養素を積極的にとることが大切です。その筆頭がカルシウムです。カルシウムは骨をつくる主成分ですが、じつは神経にも含まれていて、興奮を抑える働きをしています。また、豆腐をつくるときに使う、にがりの代表的な栄養素、マグネシウムも、交感神経の興奮を抑えて、自律神経を安定させてくれます。さらに、豚肉などに多く含まれるビタミンB群も、別名「ストレス・ビタミン」といわれるほど、神経の安定に欠かせません。なかでも、青魚に豊富なビタミンB6は、刺激を抑制する神経伝達物質の生成に関わっており、神経過敏、不眠に効果があると言われています。アスリートやプロスポーツ選手が、試合の前にビタミンB群が豊富な豚肉や青魚を食べるというのも、試合からくるプレッシャーやストレスからくる交感神経の興奮をしずめ、神経を安定させるためです。ちなみに、カルシウムは、ちりめんじゃこ、シラスなどの小魚だけでなく、チーズや乳製品にも豊富に含まれています。マグネシウムは、豆腐、納豆、豆乳などの大豆や大豆製品、雑穀、海藻などからとることができます。

0 コメント

2018年

9月

16日

食事を抜いても瘦せない

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。年を重ねるごとに、ウエスト回りが増えていく…。そんななかで、「瘦せたい」と願っている人も多いと思います。しかし、ここでのポイントは、「食事を抜いても瘦せない」ということです。実は、「肥満」も、自律神経の乱れが大きな原因になります。これがいわゆる「ストレス太り」です。肥満というと、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足によるカロリー過多が原因だと思われがちですが、最近の研究によって、「自律神経の働きの低下」も肥満を促進することが明らかになっています。肥満の人、太っている人は、よく異常なほどに汗をかきますが、実はあれも自律神経の働きが低下していることが主な原因です。自律神経全体のバランスが低下してしまうと、体の組織が水分をうまく吸収できなくなるので、せっかくとった水分が汗となって体の外に出てしまうのです。それほど水分をとっているわけでもなく、暑いと感じているわけでもないのに、いつも大量の汗をかいてしまう。そういう人は、自律神経全体のバランスが落ちてしまっていると思って、まず間違いありません。では、どうすれば、低下してしまった自律神経のバランスをアップさせ、肥満体質から、痩せ体質に変わることができるのでしょうか?1つのポイントは、やはり、「食事のとり方」の見直しです。できれば1日3食、規則正しく、バランス良く「おいしい」ものを楽しんで食べることです。その上で、どうしても肥満が気になる人は、つねに「腹八分~六分目」を心がけます。そうすれば、特にカロリー制限を意識しなくても、1日の摂取カロリーも自然に80~60%に抑えられるようになります。ただし、早く瘦せたいからといって、食事を抜くのは逆効果です。てっとり早いダイエットというと、「断食」「食事の回数を減らす」という方法に走る人も多いと思いますが、食事を抜くと腸が動かなくなるので、自律神経のバランスがますます乱れ、かえって肥満体質を促進してしまいます。

0 コメント

2018年

9月

14日

「おいしくない」食事は悪影響

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。「おいしくない」食事を無理にとりつづけるほど、自律神経のバランスアップに悪影響があるものはありません。そもそも食事とは、本来、楽しいものです。生命を維持するために必要なエネルギーや栄養素を摂取するというだけでなく、仕事や人生や人間関係や友情や恋愛を、より豊かに充実させるためのモチベーションを高めてくれる豊かでしあわせなものです。ですから、「これはダメ」「あれはダメ」というような細かいことは、極力、言うべきではないでしょう。なぜなら、それがどんなに「体にいい」食事であったとしても、「おいしくない」食事は、それだけでストレスになり、結果、腸内環境の悪化や血流の悪さにつながり、何よりも自律神経のバランスをダウンさせてしまうからです。そして、実は「ストイックな生き方(食べ方)は、きれいな腸をつくらない」のです。「第2の脳」と呼ばれる腸は、自律神経の働きにダイレクトに関わっているだけでなく、精神的な影響を受けやすい器官です。たとえば「仕事や人間関係のストレスで便秘になった」「大事な会議やプレゼンの前は、いつもプレッシャーとストレスで下痢になってしまう」というのも、腸が精神的なダメージを受けやすい証拠です。そのメカニズムをごく簡単に説明すると「ストイックになり過ぎる→できなかったときに自己否定や自己嫌悪に陥ってストレスが増える→腸内環境が悪くなる→自律神経が乱れる」そして、自律神経が乱れると、まさに体にとっても、悪影響ばかりです。それはなぜかというと、副交感神経の働きが下がり、その結果、血管が収縮して、末梢まで血流が流れにくくなって、血液はドロドロになり、全身のあらゆる器官、細胞がどんどん調子を悪くしてしまうからです。現代社会に生きていると、ただでさえいろいろなストレスに晒されます。そのストレスを解消してくれるものの1つが、「おいしい」食事です。それなのに、そんな食事の楽しみさえガマンして、さらに「あれはダメ」「これもダメ」というような、新たなストレスを加えるというのは、まったくのナンセンスです。

0 コメント

2018年

9月

13日

オリーブオイルは便の潤滑油

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。油というのは、カロリーが高い=太るというイメージを持っている人が多いと思います。ですから、ダイエットのために油ものを控える、油抜きの食生活をしているという人の話もよく耳にします。腸内環境を良くして、自律神経を整えるには、むしろ、上質な油はとったほうがいいと思います。なぜなら、油脂というのは、便の潤滑油にもなってくれるからです。たとえば、おススメは、酸化されにくいオレイン酸をたっぷり含んだオリーブオイルや亜麻仁油です。これらは、腸のなかで、便の潤滑油になって便秘を防いでくれるだけでなく、ポリフェノールなどの抗酸化物質も豊富に含み、それが悪玉コレステロールを減らし、細胞の老化を防ぐ作用もしてくれると言われています。また、腸内の炎症を抑え、善玉菌を増やし、血液の流れを良くして腸内環境を整える働きもしてくれるからです。目安は、朝食の際にスプーン1杯です。もちろん、オリーブオイルも亜麻仁油もカロリーはありますが、朝は代謝もいいですから、スプーン1杯くらいの油のカロリーは、「ダイエット」という意味でも、まったく問題ありません。むしろ、積極的にとったほうが、腸がよく働き太りにくくなります。ただし、いくら油が便の潤滑油にいいといっても、酸化した油脂やトランス脂肪酸は、なるべくなら避けてください。空気に長く触れたり、加熱されて酸化した油脂は、体内で「過酸化脂質」というものに変わり、それがいわゆる「悪玉コレステロール」を増やしてしまい、腸内環境を悪くし、自律神経の働きを乱してしまうからです。ちなみに、マーガリンやショートニング、加工油脂に含まれているトランス脂肪酸も、過酸化脂質と同じ作用をするので、なるべく避けたいものの1つです。

0 コメント

2018年

9月

11日

「食物繊維」腸の掃除役

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。便秘の特効薬といえば「食物繊維」です。腸の中で、さまざまな老廃物、食べカスをくっつけながら、便の主材料になってくれる「食物繊維」は、いってみれば、腸の掃除役です。これは、人間の消化酵素では消化されにくい栄養素の総称で、大ざっぱいいえば「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2つに分けることができます。不溶性食物繊維の特質は、腸の中で水分を吸って膨らむことです。一方、水溶性食物繊維は、水に溶けて便をやわらかくしてくれます。ですから、便秘中に不溶性食物繊維をたくさんとると、逆に、お腹が張って苦しくなることもあります。それはなぜかというと、不溶性食物繊維の刺激で、腸の蠕動運動が起こり、たまっていた便の水分が吸収されるため、便が硬くなってしまい、ますます出にくくなってしまうからです。ちなみに、不溶性食物繊維を比較的多く含んでいる食品は、バナナ、ごぼう、コンニャク、オクラ、枝豆、たけのこなどの野菜や根菜類です。一方、水溶性食物繊維を比較的多く含んでいる食品は、海藻、きのこ類、ジャガイモ、山いも、里いもなどの芋類、麦、小麦胚芽や全粒粉入りパンやシリアルなどです。とはいえ、「水溶性」「不溶性」を細かく覚える必要はありません。水溶性、不溶性ともに豊富に含んでいるキウイフルーツ、リンゴ、ミカンなどの果物をはじめ、ほとんどの野菜、海藻、果物には、水溶性、不溶性の2つの食物繊維が共存して含まれていますので、できるだけ「野菜」「海藻」「果物」「きのこ類」を積極的にとる、という意識を持つだけで十分です。

0 コメント

2018年

9月

04日

善玉菌を増やす

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。私たちの腸内には、1.5㎏もの腸内細菌が住んでいます。そのうち、消化・吸収を助けてくれたり、免疫機能を高めてくれるのが、いわゆる「善玉菌」です。一方、毒素を発生させたり、病原菌を増殖させたり、腸の炎症を引き起こしたりするのが「悪玉菌」です。腸内環境を改善させるためには、いかに「善玉菌」を増やし、「悪玉菌」を減らせるかにかかっているわけです。とはいえ、「悪玉菌」をすべて減らすということはできません。どんなに腸内環境が整って、きれいな腸の人であっても、「善玉菌」が2割、「悪玉菌」が1割、そして、腸の状態によって、善・悪、どちらにも転んでしまう「日和見菌」が7割、このバランスです。では、どうしたら、増えてしまった「悪玉菌」を減らし、「日和見菌」を「善玉菌」に変えることができるのでしょうか?そのための強い味方が「発酵食品」と「食物繊維」です。なかでも、手っ取り早く善玉菌を増やすためには、腸内で善玉菌に変わってくれる乳酸菌やビフィズス菌などの生菌をとるのが一番です。ですから、朝食のときに、生菌を添加したヨーグルトなどの発酵乳製品の食べ物を1つ加えるだけでも、それは腸内環境の改善にとても役立ちます。また、ヨーグルトでなくても、微生物や酵素を利用してうま味や保存性を高めた発酵食品もおススメです。納豆、味噌、醤油ナンプラーなどの調味料も、実は酵素や微生物の宝庫ですし、チーズ、キムチ、梅干し、ぬか漬けなどの漬け物も、乳酸菌がたっぷりです。ちなみに、ヨーグルトですが、実はその人の腸内環境によって、合う、合わない場合がありますので、苦手な人は無理に食べつづける必要はありません。

0 コメント

2018年

9月

03日

腸内環境を整える

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。そんなに食べていないはずなのに、メタボになっている。そういう人は、腸内環境が悪くなっているケースがほとんどです。まず、腸内環境が悪くなると、消化・吸収の力がどんどん弱くなります。すると、極端に言えば、いい栄養素ではなく、毒素のほうが体にたまってしまいます。そして、代謝が落ちます。結果的に、それほど食べていないはずなのに、メタボになったり、太ってしまうというわけです。腸内環境が悪く、腸が汚れていると、そこから肝臓へ運ばれる血液も汚れたものになります。汚れた血液というのは、いい栄養素ではなく、腐敗物、老廃物、毒素などを多く含むので、いわゆるドロドロの血液になります。その汚れた血液は、肝臓から心臓へ運ばれて、やがて全身に行きわたり、脂質代謝を悪化させて…。それがいわゆる「内臓脂肪」としてたまってしまいます。ですから、摂取カロリーが同じでも、腸内環境が悪い人は内臓脂肪がたまって太りやすくなり、腸内環境が良い人はすっきりスマートのまま、という違いが生まれてくるのです。しかも、腸内環境が悪く消化・吸収が悪いと、内臓脂肪は蓄えられるのに、全身で約37~60兆個あるとも言われている細胞には十分な栄養が行きわたりません。食べているのに、体は「低栄養素状態」です。ですから、疲れやすくなったり、ますます新陳代謝が悪くなったり、老化が進んでしまいます。さらに、腸内環境が悪いと、自律神経のバランスが乱れやすくなるので、メンタル的にも、鬱々としたり、イライラして怒りっぽくなったり、集中力が散漫になったりしてしまいます。つまり、腸内環境の改善なくして、肉体的にもメンタル的にも、パフォーマンスをアップさせることはできないのです。ですから、瘦せたい、ダイエットしたいという人も、まず取り組むべきは、腸内環境を良くすることです。腸内環境が良くなって、いい栄養素が十分に含まれた、きれいな血液が肝臓から心臓、そして全身の細胞に行きわたれば、代謝も上がり、栄養がエネルギーとしてきちんと消費され、不要な脂肪を蓄えずにすむようになります。つまり、太りにくい体に変わることができるのです。

0 コメント

2018年

9月

02日

時計遺伝子

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡・京成八幡 風の整体院 岩田です。人間の体の中には、ほぼ24時間周期で、新陳代謝やホルモン分泌などがスムーズに行われるようにする機能が備わっています。それが、いわゆる「体内時計」、あるいは「サーカディアンリズム」と言われているものです。そして、この周期は実は24時間よりも少し長いと言われていて、つまり、地球の自転周期とは微妙にズレています。そこへきて、不規則な生活やストレスからくる不眠などで、本来ならば寝ている時間に起きていたり、食事をとる回数や時間が極端に不規則になったりすると、そのズレがますます大きくなってしまいます。これが、ホルモンの分泌や新陳代謝を不調にさせて、その結果、生活習慣病、肌荒れや老化やストレス太り、メンタルな部分では、イライラやうつなどを招いてしまうのです。ですから、その体のサイクル=体内時計を正常な状態に保つことは、健康であるために必要不可欠なことです。そして、最近の研究によって、そのカギを握るのが人間の細胞の各所にある「時計遺伝子」であることがわかってきました。この時計遺伝子こそが、私たち人間の「体内時計」を管理しています。さらに、この時計遺伝子は、ホルモンの分泌を正しく促すのみならず、自律神経を整え、私たちの肉体を生き生きと若々しく健康に維持するための、重要な役割も担っています。極端に言えば、時計遺伝子をきちんと始動させ、活性化させるほど、自律神経のみならず、ホルモンの分泌も良くなり、全身の細胞が生き生きとよみがえり、ひいては、心身ともにパフォーマンスを劇的にアップさせることが可能だというわけなのです。

0 コメント

2018年

8月

26日

コップ一杯の水を飲む

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。「水」というのはすばらしいもので、たとえ食うや食わずであっても、水さえしっかり飲んでいれば、何日でも生存していられるほど、人間の生命にとって欠かすことができないものです。人間の体は60%は水でできています。そのうち75%が細胞の中に、残りの25%は血液やリンパ液といったところに存在しています。そして、その水こそが実は私たちの生命を維持するための、きわめて重要な化学反応を起こす場となっているのです。また、それだけでなく、水は自律神経のバランスにも、大きな影響を与えています。実験などで調べてみても、意識して水をこまめにしっかり飲んでいる人ほど、副交感神経の働きを高く保てています。それはなぜかといえば、「水を飲む」という行為、それ自体も実は、私たちの自律神経のバランスを整えてくれているからです。例えば、大事なプレゼンや講演を前に極度に緊張してしまったとき、水を一口飲むことで緊張を和らげることができた。あるいは、無性にイライラしたり、パニックに陥りそうになったりしたとき、水を一口飲むことで、ふっと平常心や落ち着きを取り戻すことができた。それらはすべて、「水」を飲むという行為によって、胃腸の神経が適度に刺激され、副交感神経の働きが高まり、その結果、乱れていた自律神経のバランスが整えられたことで引き起こされた、すばらしい作用です。逆に、水が不足すると、自律神経のみならず、私たちの心身のすべては、どんどん良くない状態に向かっていきます。何よりもまず、血管がダメージを受けます。体に水が不足した状態、いわゆる脱水状態がつづくほど、血液はドロドロになり、血管の老化を早めてしまうからです。

0 コメント

2018年

8月

04日

腸内環境良くして「底力」アップ

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。体の中に取り入れた栄養素を吸収し、毒素を排出してくれる腸は、「第2の脳」ともいわれるほど大事な器官です。しかも「腸」は、自律神経のバランスを整えるためにも、きわめて重要な役割を果たしています。なぜなら、腸内環境を良くして腸がしっかり働くようになれば、副交感神経の働きが格段に高まるからです。それが、年を重ねても衰えない「底力」のもとになるのです。副交感神経の働きは、男性で30歳、女性で40歳をめどにガクンと下がります。しかも現代は、「交感神経優位」のストレス社会です。ただでさえ加齢によって下がってしまった副交感神経の働きが、ストレスによってさらに下がる…。そうなると、心身ともに「底力」が失われていきます。血液の流れが悪くなり、心身は緊張し、免疫力や体力も低下して、不眠や肩こりなど、さまざまな不具合が出てきます。さらに血流が悪くなり、血液がドロドロになると、臓器の働きが悪くなり、代謝は落ちて太りやすくなり、生活習慣病への道をまっしぐらに進んでしまいます。けれども、「腸内環境」を良くすれば、人生は劇的に変わります。「細胞の生命力」はよみがえり、心身ともに「底力」がついてきます。これは、決して大げさな表現ではありません。

0 コメント

2018年

7月

29日

「食事」と「呼吸」

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。自律神経の働きが、心身の若さや健康においても、パフォーマンスの向上においても、きわめて重要なカギを握っています。さらに、その自律神経のバランスを整えるためには、何よりも「食事」と「呼吸」が大事なのです。自律神経とは、ひと言でいえば、内臓器官のすべて、とりわけ血管をコントロールしている神経です。また、人間の生命活動に欠かせない「呼吸」も、実は自律神経がコントロールしています。ですから、自律神経とはすなわち、「私たち人間の生命活動の根幹=ライフラインを支えているもの」だとも言えるのです。自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という2種類の神経から構成されていきます。交感神経は、クルマにたとえればアクセルです。この働きが上がると、心身ともにアクティブな状態になります。血管は収縮し、血圧は上昇、気分も高揚し、心身ともにいわゆる「イケイケ」的な、アグレッシブな状態になります。一方、副交感神経は、クルマにたとえればブレーキです。副交感神経の働きが上がると、体はリラックス=弛緩の状態に向かいます。血管は、適度な状態でゆるみ、血圧は低下し、気分は落ち着いて冷静で、穏やかな状態に向かっていきます。とはいえ、クルマの運転でも、アクセルとブレーキのバランスがうまくとれていることが大事なように、自律神経も、交感神経と副交感神経、どちらか一方の働きに偏るのは思わしい状態ではありません。理想的なのは、交感神経と副交感神経がともに高いレベルで活動し、なおかつ両方のバランスが整っている状態です。こうしたとき、私たち人間の心身は、もっとも良い状態で機能します。ビジネスやスポーツでのパフォーマンスのみならず、外見的・内面的な健康、人を引きつける魅力的なオーラ…。それらも、いかに自律神経のバランスを高いレベルで整えるかによって、結果が大きく違ってきます。そのカギを握っているのが、実は「食事」と「呼吸」です。

0 コメント

2018年

6月

24日

夏でも入浴

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。お風呂にじっくりつかると気持ちがいいものです。血流がよくなることで、疲労回復やこりの改善効果も期待できます。ただし、熱めのお湯に長湯したり、肩までつかるのは血圧や心臓に負担をかけてしまうのでおススメできません。胸から下だけ湯につかる「半身浴」がおススメで、夏場でもシャワーだけですまさず、38~40度ぐらいのぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。ただし、耳鳴り、激しいめまい、吐き気、片頭痛が起こっているときに、長時間お風呂につかるのは避けましょう。片頭痛の場合は、入浴によって脳の血管が拡張し、血管周囲の三叉神経が刺激を受けて痛みが増します。逆に緊張型頭痛の場合は入浴すると痛みがやわらぎます。これは、こった筋肉内の血管が拡張し、血行促進するためです。

0 コメント

2018年

6月

16日

コーヒーには砂糖をプラス

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあるため、片頭痛対策に役立ちます。片頭痛が起こるときには脳血管が異常に拡張し、その血管の隙間から水分が外に漏れだしているため、血管内を流れる水分が減少して、あまりトイレに行かなくなります。そのため、何となく顔や体がむくんだ感じがしたり、体が重たいと感じる方もいるでしょう。そんなときにカフェインを摂ることで、血管が収縮し、血管の外に漏れだしていた水分がもどってむくみがとれ、片頭痛も改善します。さらに、飲む際に少しの砂糖を入れると、糖分が脳血管を収縮するため、片頭痛で異常に拡張した脳血管のむくみを改善してくれます。片頭痛がきつそうなときに、早めにカフェインを摂るのは、予防手段のひとつです。

0 コメント

2018年

6月

07日

和食をおススメ

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。頭痛持ちの方には、和食をおススメします。和食によく使われる食材には、血管拡張作用のあるものが少ないからです。また、片頭痛の予防効果が期待できる「ビタミンB2」や「マグネシウム」、血管を健やかに保つ「食物繊維」を無理なく摂れるし、胃腸にもやさしく、栄養価も高いといいことづくしです。逆に気をつけたいのが中華料理です。中華料理には、「グルタミン酸ナトリウム」という、うま味調味料が使われることが多く、このうま味調味料に血管を拡張する作用があり、片頭痛を誘発しやすいのです。頭痛が起きやすい条件がいくつも重なっているときに、中華料理をチョイスするのは避けた方が無難です。

0 コメント

2018年

6月

01日

急激な天気の変化に備える

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。急激な天気の変化は、片頭痛を引き起こす原因になります。気圧がさがると、人間の体は微妙にむくんできます。むくみは脳の血管にもおよび、脳の血管のまわりに張り巡らされた三叉神経を刺激するため、片頭痛が起きやすくなります。たとえ朝は晴れていたとしても、天気が下り坂という場合は、いつ頭痛発作が起こってもおかしくありません。また、気圧の変化だけでなく気温の変化も大敵で、季節外れの暑さや日差しの強さにより、痛みだす危険性はさらに高まります。最近では地球温暖化などの影響から異常気象が続いています。変化に過敏な片頭痛持ちの方は、特に温度変化が激しい春先や秋口などの季節の変わり目には気をつけながら、バッグにはいつも帽子とサングラスを入れておきましょう。

0 コメント

2018年

5月

31日

めまい、不眠、肩こり…頭痛以外の不調

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。更年期をむかえるころになると、片頭痛の痛みは起こりにくくなります。加齢に伴い、動脈硬化で血管が硬くなり、広がらなくなるからです。すると、三叉神経を刺激しなくなるので、頭痛の症状が出にくくなります。しかし、片頭痛がなくなったわけではありません。また、このころになると女性ホルモンの分泌が低下して不安定になり、ほてり、のぼせ、不眠、イライラ、肩こりといったさまざまな不調が起こる、いわゆる「更年期障害」が出始めます。しかし、もともと片頭痛など慢性的な頭痛に悩まされていた方は、年齢が高くなるにつれ、耳鳴りやめまい、不眠、不安など、頭痛以外の不快な症状が多くなる場合が少なくありません。それぞれ症状は異なりますが、いずれも、根本にあるのは脳の異常な興奮性の高さが影響している可能性があります。つまり、「頭痛以外の不調」は、慢性的な頭痛が姿を変えてあらわれた可能性があるのです。さらに、更年期には肩こりなどから緊張型頭痛が起こりやすくなるので、姿を変えた片頭痛と合わさり、連日ダラダラとした頭痛が起こる場合もあります。

0 コメント

2018年

5月

29日

カフェインはほどほどに

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれていて、眠気や疲労感をやわらげます。また、水分を体外に出し、片頭痛のときに広がった脳の血管をもどし、初期の片頭痛を改善することもあります。ところが、1日に200mg以上のカフェイン(コーヒー100mlには50mg以上のカフェインが含まれています。)1日にコーヒー400ml以上を長期にわたって摂取し続けていると、それをやめたときに脳の血管が急激に広がり頭痛を起こす方もいます。ですから、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。また、かき氷やアイスを食べたときに頭が痛くなります。これは誰にでも起こる現象ですが、特に口腔内に分布しているセンサーの役割をする三叉神経が敏感な方、片頭痛の方に起こりやすいと言われています。この頭痛はすぐに治るので、心配はいりません。

0 コメント

2018年

5月

28日

週末に頭痛になる

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。片頭痛の誘因は、人によってさまざまです。一般的には、ストレス、女性ホルモン、飲食物などが引き金になって起こると考えられています。さらに、不眠とともに寝すぎも片頭痛の引き金になります。週末になると、必ず頭痛が起こる方がいます。これは、平日の仕事から解放されてホッとし、脳内の血管が拡張してしまうということもありますが、疲れを取ろう、ゆっくりしたいという気持ちがあり、つい寝すぎてしまうことも関係するようです。実は平日は緊張しながら仕事をしているためストレスがかかっていても、気がつきません。しかし、ストレスから解放された直後が要注意で、ストレスにより収縮していた血管がゆるんだ瞬間に、片頭痛が起きることが多いようです。休みの日も平日より、少々の寝坊にとどめ、朝食はいつもと同じ時間にとり、急激な血糖値の低下を防ぐなど規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

0 コメント

2018年

5月

25日

女性の片頭痛は男性の4倍

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。誰でも一度や二度は頭が痛くなったことがあると思います。しかし、痛みは本人にしかわからないので「頭痛で仕事を休みます」とはいえず、何とか我慢してその日を乗り切ったということもあるでしょう。20~40歳代は、脳の興奮性の高さが本格的な片頭痛としてあらわれ、つらい症状が続く年代です。しかし、この時期、頭痛とどう向き合うかによって、その後の経過が変わっていきます。慢性的な頭痛の中でも、特に女性に多いのは片頭痛です。現在、日本では約840万人が片頭痛に悩まされていると言われていますが、男女の比率は1対4と女性のほうが圧倒的に多いのです。女性には、月経、妊娠、出産があります。ときとしてそれが頭痛を引き起こすこともあります。そもそも、片頭痛は、セロトニンという脳内物質が増えたり減ったりすることで、脳の血管が異常に広がり、脳の血管周囲に分布するセンサーの役目をする三叉神経が圧迫されることで起こります。セロトニンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと構造が似通っているため、エストロゲンの分泌量に連動して増減する傾向があります。そのため、月経の前後にエストロゲンの分泌が急激に変動すると、それに連動してセロトニンの分泌も変動し、頭痛が発生しやすくなるというわけです。このことからもわかるように、片頭痛は女性ホルモンと非常に関係が深いのです。ただし、だからといって、すべての女性が必ず片頭痛になるわけではありません。週に1~2回、片頭痛に悩まされる方もいれば、今まで頭痛などなかったのに更年期障害とともに突然、頭痛を感じるようになったという方もいます。中には生涯、一度も頭痛経験のない方もいるはずです。また、不規則な生活や食生活の偏り、ストレスや過激なダイエットなどで、女性ホルモンのバランスが乱れ、それが片頭痛の誘因となることもあります。ちょっとした注意をすることによって、片頭痛を引き起こす誘因となるものを避けることができれば、生活の質も変わってくるはずです。

0 コメント

2018年

5月

21日

子供にも頭痛はある

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。頭痛は大人だけの病気ではありません。小さな子供にも頭痛はあります。また、体が小さいから、痛みも小さいわけではありません。中には幼稚園児や小学校低学年でも、激痛に苦しんでいる子供もいるのです。しかし、さっきまで「頭が痛い」と言っていたのに、しばらくすると元気に走り回ったり、「お腹が痛い」と泣きながら訴えてみたり…そんな様子を見た多くの大人は「ひょっとしたら仮病かもしれない」と考えがちです。実は子供の頭痛は、その発達段階に応じて、あらわれる症状もさまざまです。大人の頭痛とは症状が異なることが多く、また、頭痛は本人にしかわからない自覚症状であるため、小さな子供はうまく説明することができません。そのためよけい分かりにくいのです。また、医療現場でも理解が進んでおらず、たとえ頭部CTスキャンやMRI検査などを行っても、血管などの異常があらわれないため正確に診断することは難しいのです。まず、母親が片頭痛持ちであれば、ほぼ間違いなく子供にも同じ症状があらわれます。親と同様に脳が敏感なため、周囲の子供と比べると少々落ち着きがない、聞き分けがよくない、寝相が悪い、寝言が多い、乗り物酔いをする、歯ぎしりをするといった特徴が見られることも多いようです。また、学校では集団行動が苦手、協調性に欠けるという評価を受け、その結果、発達障害を疑われてしまうこともあります。親もショックを受けるでしょうが、これは頭痛持ちの家系ではありがちなことです。一方、子供も周囲の理解が得られないと、ますますつらくなり、頭痛を繰り返すうちに不登校になってしまうこともあります。ですから、まずは頭痛持ちの子供の特徴をよく理解してあげることです。そして、頻繫に頭痛を訴えるようなら、軽く考えずに、早い段階で頭痛専門の病院で診てもらいましょう。

0 コメント

2018年

5月

20日

脳過敏症候群

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。長い間、慢性的に頭痛に悩まされてきた方は、年齢を重ねるにつれて動脈硬化が進み脳血管が広がらなくなり、頭痛発作はおこりにくくなります。しかし、その一方で、頭が重く感じられることが毎日続いたり、原因不明の耳鳴りやめまい、不眠、不安、イライラなどの症状があらわれたりと、さまざまな不快症状を抱えるようになることが、少なくありません。一つ一つの症状は別々のものですし、一見したところ、どれも頭痛との関連性がないように思われます。しかし、どの症状も慢性化した脳の異常な興奮が招いている可能性がある、と考えられるようになりました。脳が興奮しやすくなっているために生じる症状であっても、多くの方は原因がわからず、きちんとした治療を受けることができません。こうして放置されてしまった脳はちょっとした刺激で興奮しやすくなり、ささいなことで頭痛を感じるようになります。その後も、治療を受けないでいるといつの間にか脳の興奮性が増していき、慢性的な興奮状態に陥るリスクが高まります。こうして頭痛以外の不快な症状があらわれやすい状況になります。脳過敏症候群の方は、片頭痛の正しい治療を受けていない方が大半です。片頭痛のようなしつこい慢性的な頭痛に悩まされてきた方が、頭痛への対応を誤ると、脳の興奮のしやすさがクセになって脳過敏症候群の予備軍になる可能性があります。認知症、うつ病、パニック障害だと診断されていた方が、実は脳過敏症候群だったというケースもあります。

0 コメント

2018年

5月

17日

群発頭痛

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。片頭痛は女性に多く見られますが、群発頭痛は男性に多い頭痛です。男女比は、おおよそ男性5~10対女性1で、20~40歳の働き盛りの男性に多く見られます。群発頭痛はある一定の時期に、まるで群発地震のように、何度も繰り返して起こる頭痛のことです。発作の起きる時期は、人によりだいたい決まっていますが、季節の変わり目に多く、1~2ヵ月の間は毎日のように、決まった時間、主に就寝後や明け方に激烈な頭痛に襲われるのが特徴です。片側の目の奥が激しく痛むのが特徴で、痛みは激しく続き、燃えるような、突き刺されるような、えぐられるようななどと表現されるほどです。起きる頻度は、あまり多くなく、年に1~2回が一般的です。一度痛みが出ると、あまりの痛さにがまんできず、のたうち回ったり、ひどい時には自分の頭を壁に打ち付けたりすることもあるほどです。痛みの持続時間は15分~数時間と幅がありますが、そのあとは何もなかったかのようにケロリとしているのが典型的なパターンです。片頭痛は3分の1が頭の両側で痛みますが、群発頭痛では必ず頭の片側が痛みます。頭痛以外には、多くの場合、同じ側の目や鼻に特徴的な症状が見られます。頭痛と同じ側に涙が出る、目が充血する、鼻水が出る、鼻が詰まる、まぶたが垂れ下がる、腫れる、額が赤く腫れる、異常に汗をかくこともあります。また、激烈な痛みに連日襲われ、それが1~2ヵ月も続くので、寝ることが怖くなって睡眠不足でノイローゼ気味になってしまう方も多いようです。群発頭痛の痛みは片頭痛のようには長く続かず、1時間前後で治まります。しかし、片頭痛のように頭痛が1日足らずで終わるということはなく、頭痛が群発する日々が数週間から、長いと数ヵ月も続きます。しかし、そんな時期がすぎると、波が引いたかのように頭痛がなくなります。そしてある時期がくると、また頭痛が続くといったことを繰り返します。群発頭痛の起こる時期は、人によってだいたい決まっていることが多く、毎年、春先や秋口など季節の変わり目に発生し、時間帯は、布団に入って1~2時間経ったころや明け方に多く見られます。

0 コメント

2018年

5月

12日

緊張型頭痛

お読みいただき、ありがとうございます。本八幡 風の整体院 岩田です。慢性的に起こる頭痛の中で、最も多いと言われているのが、ダラダラとした痛みが続く緊張型頭痛です。痛みは毎日のように起こりますが、発作的に起きる片頭痛のように、日常生活に影響を与えるような激しい痛みはありません。いつの間にか始まった痛みがほぼ毎日続き、特に午後から夕方にかけて、その痛みが増す傾向があります。後頭部から首にかけて痛んだり、頭全体が締め付けられるように痛んだりします。また、頭が重く感じることもあります。この緊張型頭痛は、頭のまわり、肩から背中にかけての筋肉の緊張によって血管が収縮し、血液の流れが悪くなることによって、痛みが生じてくるのです。そのため、家事や仕事などで少し疲れてくる午後になって、起こってくる傾向があります。ただ、片頭痛とは違って、光や音、においなどで症状が悪化することはあまりありませんし、また、吐き気をともなったり、運動によって悪化したりすることもありません。片頭痛は体を動かしたり温めたり、血管の拡張を増すようなことをすると痛みが増しますが、緊張型頭痛の場合は楽になるのが特徴です。緊張型頭痛では、多くの場合、肩や首のひどいコリと頭痛がセットで起こります。そのほか、眼精疲労、フワフワするめまい、全身のだるさといった症状を訴える方が多いのも特徴です。痛みが出たとき体を動かしても痛みが悪化しない、吐き気などの症状もほとんどなく、首や肩を軽くストレッチして痛みが楽になるようなら、緊張型頭痛の可能性が高いと言えます。一度発症すると、毎日のように起こり、痛みが続く時間は30分程度で解消することもあれば、1週間ほど続くこともあります。痛みを感じたときは、少しずつ体を動かしたり、温めたりすると、収縮した血管を刺激して血流がよくなり、症状が緩和されていきます。ですから、長時間同じ体勢をとっていたり、少し疲れてきたなと思ったら、定期的に体を動かしてみることが重要です。凝り固まってしまう前に、首や肩のストレッチをして、筋肉の緊張をほぐすことで、症状の悪化を防ぐことができます。

0 コメント